妊婦健診とは

妊婦健診は、お母さんとおなかの赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうかをチェックするための健診です。

妊娠中は体にいろいろな変化が起こりますし、自覚症状が無く、一見順調に見えても、トラブルが隠れている可能性もあります。
特に気がかりなことが無くても、少なくとも次のような間隔で妊婦健診を受けて、胎児の育ち具合やご自身の健康状態(尿・血圧・体重・むくみなど)をチェックしておきましょう。

健診日以外でも、つわりがひどい時、出血や腹痛など「おかしい」と感じたときは、すぐに受診してください。

  • 妊娠23週(第6月末)まで:4週間に1回
  • 妊娠24週~35週(第7~9月末):2週間に 1回以上
  • 妊娠36週(第10月)以後、出産まで:毎週1回以上

妊婦健診で行われる検査

妊婦健診で行う検査は、どれも母体と赤ちゃんの健康を確かめるための、大事なものばかりです。
例えば血液型検査は、出産時の万一の大出血に備えるばかりではありません。 お母さんの血液型 が Rh(-)というタイプの場合、赤ちゃんに血液型不適合という状態が起こり、貧血や黄疸が強く出ることがあります。
こういったケースを防ぐためにも、出産前にしておく大切な検査です。

またB型肝炎ウイルスの抗原検査は、お母さんがそのウイルスをもっていると、出産時に赤ちゃんに感染することがあります。
母体の感染がわかっていれば、母子感染を防ぐために、生後間も無い赤ちゃんに、免疫グロブリンやワクチンを接種して、その感染を防ぐことができます。

具体的な妊婦健診項目

1. 妊娠初期に行う検査
  • 血液検査
    (血液型/不規則抗体/貧血/梅毒/B型肝炎/C型肝炎/風疹/
    HTLV-1(成人型T細胞白血病)/ HIV(エイズ)/トキソプラズマ/糖尿病)
  • 子宮頸がん検査、甲状腺機能検査など
2. 定期妊婦健診で毎回行う検査
  • 尿検査(たんぱく、糖)
  • 血圧測定
  • 体重測定
  • 子宮底の測定
  • 腹囲の測定
  • むくみの有無
  • 胎児の大きさ、位置
  • 胎児心音の確認など
3. 妊娠中に行う検査
  • 超音波検査(胎児の発育、胎盤の位置、羊水量、子宮頸管長など)
  • 貧血、糖尿病検査
  • 性器クラミジア検査
  • B群溶血性連鎖球菌検査
  • 妊娠後期には血液凝固検査、NST*検査などが行われます。
    ※NST:ノン・ストレス・テストの略。ノン・ストレスというのは、ストレスが無い、つまり子宮収縮の全く無い(お産が始まっていない)状態を指す。 このときに胎児の心拍数を調べ、胎児の状態を評価する検査のことで、胎児心拍数モニタリングとも言う。
4. 妊娠中、必要に応じて行う検査
  • 心電図
  • 胸部エックス線撮影
  • 肝機能・腎機能検査
  • 骨盤エックス線検査

※以上のほかの検査も、必要な場合には随時実施いたします。

当院には分娩施設がありません。ご出産は分娩施設のある産院への転院となります。34週まで当院で妊婦健診ができます。それ以降は、ご出産される病院での健診となります。また、ご出産される病院の方針や妊娠経過によって早めに転院になる場合もあります。

医院概要

所在地
〒184-0004
東京都小金井市本町6-13-18 コスモスビル3階
最寄駅
JR中央線「武蔵小金井駅」南口より徒歩3分
電話
042-316-3824
診療時間
日祝
9:30~13:00 - -
15:00~18:00 - - -

休診日:月曜、日曜、祝日、木曜午後
▲:木曜午前9:30~11:30
初めて当院を受診される方は、午前12:30まで、午後は17:30までにお越しくださいますようお願い致します。
※木曜11:00まで

ACCESSMAP

読み込み中…